お笑いコンビ”宮下草薙”の売れ方に麒麟”川島明”が不思議に思うwwww

お笑いコンビ”宮下草薙”の売れ方に麒麟”川島明”が不思議に思うwwww

お笑いコンビ”宮下草薙”の売れ方に麒麟”川島明”が不思議に思うwwww

川島 (かわしま あきら、1979年〈昭和54年〉2月3日 – )は、日本のお笑いタレント、俳優、司会者である。お笑いコンビ・麒麟のボケでネタ作り担当である。立ち位置は向かって右。相方は田村裕。吉本興業所属。京都府宇治市出身。血液型AB型。身長179cm、体重65kg。
38キロバイト (5,420 語) – 2022年4月24日 (日) 11:38
いきなり出てきた感じがする( ;∀;)

1 伝説の田中c ★ :2022/05/05(木) 20:50:26.62

 お笑いコンビ「宮下草薙」の宮下兼史鷹(31)、草薙航基(30)が1日放送のTBSラジオ「川島明のねごと」(日曜後7・00)にゲスト出演し、売れたキッカケを明かした。

 「宮下草薙」は「M-1グランプリ」で19年の準々決勝が最高成績で、賞レースで結果を出しているわけではないが、テレビでの露出も多く売れていることに、メインパーソナリティーの「麒麟」川島明は「宮下草薙って特殊ですよね」とし「何がキッカケできてるの?」と人気に火が付いた理由を尋ねた。

 これに草薙は「誰もマジでわかってない」と自身もなぜ売れているのかわからない様子。川島は「宮下草薙と(平成ノブシコブシ)吉村だけは、なんで売れてるのか謎」と不思議がった。ただ、宮下はコンビが売れた理由として「マネジャーが、そのタイミングで代わった」とマネジャーの存在を挙げた。

 今までは全体を取り仕切っていたマネジャーが担当だったが、「ちゃんと1人で見てくれるマネジャーさんに代わったので、多分そのマネジャーさんのおかげなんですよ。僕らが売れてるのって」と分析した。草薙も「芸人史上初めて、マネジャーの力のみで売れた」と笑った。

https://news.yahoo.co.jp/articles/10922e3e11e314e1efdb8656ae5700a6b14b43f7

続きを読む

続きを見る(外部サイト)

オールジャンルカテゴリの最新記事