【芸能】「三浦春馬さんは殺された」という陰謀論が消えない理由

【芸能】「三浦春馬さんは殺された」という陰謀論が消えない理由

【芸能】「三浦春馬さんは殺された」という陰謀論が消えない理由

1 muffin ★ :2024/07/10(水) 17:09:13.17 ID:fbvjg0aL9

https://www.dailyshincho.jp/article/2024/07101131/?all=1
7/10(水) 11:41配信
640

俳優の三浦春馬さんが都内の自宅マンションで自ら命を絶ち、30歳の若さでこの世を去ったのは2020年7月18日。その悲劇から4年がたとうとしている今なお、三浦さんは「陰謀論」に悪用されている。その過程を検証してみると、「つばさの党」代表の黒川敦彦氏の“関与”も浮かび上がってくるのだった。

7月7日に投開票が行われた東京都知事選でも「三浦春馬問題」は起きた。一部のポスター掲示板の「NHKから国民を守る党」の枠に、三浦さんの似顔絵とともに「世界は三浦春馬であふれてる」と書かれたポスターが貼られたのだ。これを受け、三浦さんの所属事務所「アミューズ」は、こう声明を発表した。

「当社は東京都選挙管理委員会に対し抗議しております。このような事態に当社は強い憤りを覚えており、またご遺族も大変心を痛めております」

 問題のポスターを貼ったのは、「春活channel」なるYouTubeチャンネルを運営する人物である。

「三浦さんのファンは3種類に分けられます。普通のファン、熱狂的なファン、そしていずれとも違う、陰謀論に固執している人たちです。『三浦春馬陰謀論』を訴える人にはいくつかのグループがありますが、今回ポスターを貼った人はどこにも属さずに活動している人だと聞きました」

そう語るのは、宗教ジャーナリストで、三浦春馬さんに関する「陰謀論」についても取材している藤倉善郎氏である。

「22年5月に新宿駅と警視庁前で行われたデモを取材したのですが、参加者は中高年の女性ばかり。彼女たちの主張は、三浦さんは自殺ではなく*れたんだ、というものです。シュプレヒコールでは、“自殺じゃないぞ~”“不審死事件だぞ~”と言うにとどめているものの、スピーチの際は、マイクを持った人が“やつらに*れたに違いありません”と我慢できずに言ってしまうこともあります」

“やつら”は大抵の場合、アミューズを指す。何とも荒唐無稽な主張なのである。

「彼女たちはアミューズやメディア、警察がいかに隠し事をしているのかを訴え、自分たちだけが真実に気付いている、と考えている。典型的な陰謀論です」(藤倉氏)

 陰謀論ウォッチャーの山崎リュウキチ氏が、続けてこう解説する。

「三浦さんが亡くなった直後、まず、アミューズが*真相を隠蔽(いんぺい)している、という『三浦春馬陰謀論』が都市伝説として自然形成されました。芸能人に関するこうしたうわさが広まるのは、往々にしてあることです。しかしその後の20年9月ごろ、Qアノン系の陰謀論インフルエンサーが三浦春馬陰謀論を取り上げ、Qアノンと三浦春馬陰謀論が結び付きました」

続きはソースをご覧ください

続きを読む

続きを見る

芸能カテゴリの最新記事