【注目】石丸伸二氏の最終日にアキバ街頭に集まった5000人の感動の瞬間とは?

【注目】石丸伸二氏の最終日にアキバ街頭に集まった5000人の感動の瞬間とは?

【注目】石丸伸二氏の最終日にアキバ街頭に集まった5000人の感動の瞬間とは?

石丸伸二のサムネイル
石丸 伸二(いしまる しんじ、1982年〈昭和57年〉8月12日 – )は、日本の政治家。前職は第4代広島県安芸高田市長(1期)。2024年6月20日告示、7月7日投開票予定の東京都知事選挙の立候補者。 広島県高田郡吉田町(現:安芸高田市)生まれ。吉田町立吉田小学校、吉田町立吉田中学校、広島県立祇…
192キロバイト (28,183 語) – 2024年6月25日 (火) 12:25

(出典 www.nikkansports.com)
アキバ街頭に5000人もの人が集まるとは、やはり石丸伸二氏は人気作家だったんですね。彼の作品は多くの人の心を捉えていたんだと思います。

1 少考さん ★ :2024/07/06(土) 20:50:13.63 ID:O9DgmnvS9

石丸伸二氏の最終日は、アキバ街頭に5000人「この景色は爽快。いつまでも見ていたい」 – 社会 : 日刊スポーツ
https://www.nikkansports.com/general/nikkan/news/202407060001340.html

2024年7月6日20時38分

東京都知事選は6日、選挙戦最終日を迎えた。小池百合子知事(71)の2期8年の都政に対する事実上の信任投票だが、一部政治団体による「ポスター掲示板ジャック」や政見放送の内容など「場外戦」に関心が高まるカオスな戦いに。小池氏が公務優先を貫いたことで候補者討論の機会もほとんどなく、過去最多56人の立候補者も含め前代未聞の都知事選となった。小池氏、蓮舫前参院議員(56)、前広島県安芸高田市長の石丸伸二氏(41)ら主要候補は、最後のお願いに声をからした。今日7日に投開票される。

   ◇   ◇   ◇

石丸氏は、告示前から足を運んだ秋葉原で、最終日にも街頭演説を行った。過去の演説時をはるかに上回る、約5000人の聴衆が集まった。「石丸人気」で、今回の選挙戦中、石丸氏の街頭演説は聴衆の数が日に日に増えた。この日も、石丸氏の選挙カーの周囲を360度から聴衆がぐるっと囲む形になった。

「この景色が爽快で、いつまでも見ていたい」。感慨深げに語った石丸氏は、(略)

※全文はソースで。

続きを読む

続きを見る(外部サイト)

ニュースカテゴリの最新記事