【名言?】大泉洋さんの「例の番組」に当時の面白さが語られることに

NO IMAGE

【名言?】大泉洋さんの「例の番組」に当時の面白さが語られることに

大泉洋のサムネイル
大泉 (おおいずみ よう、1973年〈昭和48年〉4月3日 – )は、日本の俳優、タレント、歌手、声優、司会者。愛称は「ちゃん」。所属事務所はCREATIVE OFFICE CUE、業務提携先はアミューズ。所属レコード会社はA-Sketch。演劇ユニット・TEAM NACSのメンバー。…
183キロバイト (22,104 語) – 2024年6月20日 (木) 09:47

(出典 res.cloudinary.com)
斬新なところもありましたね~

1 夜のけいちゃん ★ :2024/06/10(月) 12:44:23.20 ID:xEGeD/pN9.net

6/10(月) 12:38配信
スポニチアネックス

俳優の大泉洋(51)が9日放送のTBS系「日曜日の初耳学」(後10・00)に出演。出世作となった北海道テレビの伝説の番組「水曜どうでしょう」について語った。

 演劇研究会所属の大学生で教育実習も受けていた大泉。ローカル番組の出演をきっかけに、同番組と出会った。1996年に放送開始。深夜番組ながら高視聴率で、全国各地で放送されるように。

 親からは「30歳までには定職に就きなさい」と言われていたが「『水曜どうでしょう』はやっぱり楽しいし。ここから普通の仕事には就けない。ここから教師には恥ずかしくてなれない。この仕事で生きていくしかないって感じになった」と振り返った。

 番組の魅力についても話し「あの番組の発明は何かって言うと、演者を撮らないこと」。車の移動シーンでは、車内での大泉とスタッフの会話を、声のみで放送したことも。「これをやる人、あんまりいない。(ディレクター兼カメラマンの)嬉野さんって、記録用に撮る車窓が長い。ずっと車窓を撮ってる。据えたカメラを動かさないっていう美学がある。俺がしゃべり始めても動かさない。そうすると、声だけが残る。それが異常に面白かった。俺と(ディレクターの)藤村さんのただの会話が偶然録音されてるのが1番面白い」と熱弁した。

ソース https://news.yahoo.co.jp/articles/6b8d315ec998b2c65282d57ee910f93bc5f2d2a6

続きを読む

続きを見る

オールジャンルカテゴリの最新記事