【社会】都市部での生活が影響?厚生労働省が明らかにする家庭の実態とは?

【社会】都市部での生活が影響?厚生労働省が明らかにする家庭の実態とは?

【社会】都市部での生活が影響?厚生労働省が明らかにする家庭の実態とは?

核家族のサムネイル
核家族 (一人暮らしからのリダイレクト)
一人親家庭」世帯が増加する反面で、「夫婦と子」世帯は年々減少傾向にあり、少子化や社会保障が議論されている。 単身世帯(たんしんせたい)とは、一人で1戸を構えて暮らしている人、間借りして一人暮らしている人、寮・寄宿舎、下宿屋に住んでいる単身者一人一人をいう。「一人暮らし」(ひとりぐらし
6キロバイト (914 語) – 2024年4月27日 (土) 13:14

(出典 girlschannel.net)
子供がいる世帯が減少しているというのは、日本の将来を考える上で深刻な問題だと感じます。子供がいるというだけで生活が豊かになるということをもっと広めていくべきですね。

1 首都圏の虎 ★ :2024/07/05(金) 18:03:50.19 ID:57VWASgR9

去年の一人暮らしの世帯の数が過去最多となった一方、18歳未満の子どもがいる世帯数は過去最少となったことが国の調査でわかりました。

厚生労働省の調査によりますと、一人暮らしの世帯数は去年6月時点で1849万5000世帯と全体の34%を占めていて、統計を始めた1986年以来、過去最多となりました。

また、1人で暮らす高齢者は855万3000人で、過去2番目の多さとなっています。

一方、18歳未満の未婚の子どもがいる世帯数は983万5000世帯で過去最少となりました。

全文はソースで 最終更新:7/5(金) 16:59
https://news.yahoo.co.jp/articles/d56cf25072db4a8ffee99e7ce200de94f7c85785

続きを読む

続きを見る(外部サイト)

ニュースカテゴリの最新記事