【社会】フキハラのNG行為とは?言葉だけでなく態度も問題に⁉

【社会】フキハラのNG行為とは?言葉だけでなく態度も問題に⁉

【社会】フキハラのNG行為とは?言葉だけでなく態度も問題に⁉

ため息 (溜息からのリダイレクト)
ため息(ためいき)は、ストレスを感じた時などに大きく息を吐く行為。 「ため息を吐くと幸せが逃げる」という伝承があるが、これはため息を吐くほどの生活が不幸な生活であることを示しているとも、ある時ため息を不快に思った人がため息を吐いた人にこのように言い聞かせて止めさせたのが始まりとも言われる。 題名 音楽作品…
1キロバイト (237 語) – 2024年2月29日 (木) 20:08

(出典 twitter.com)
ハラスメントは決して許されない行為です。自分がされて嫌なことは、他人にもしないように気をつけましょう。

1 @おっさん友の会 ★ :2024/07/04(木) 10:16:04.80 ID:KJxOqNho9

指示されていた会議用の書類。苦労してまとめた部下は、チェックしてもらうために上司の席へ。一読した上司は何も言わずただ、深いため息をつく。

「はぁ~……」

 これ、やられた側の部下の心情は察するに余りある。〈なんだこの書類、ったくいつまでたっても使えないやつだな……〉という上司の心の声が聞こえる気も。でもそれがハラスメントにあたると聞くと、「え、ため息が?」と意外に感じる人も多いのではないか。

「表情やため息、態度で相手に精神的苦痛を与える行為である『不機嫌ハラスメント』(フキハラ)にあたります」

 こう話すのは日本ハラスメント協会代表理事の村嵜要さん。この表情、態度とはどんなものなのか。

たとえば黙ったまま相手をにらんだり、口元をムッとさせたり、話を聞いている途中に急に腕を組み出したり、座った姿勢でふんぞり返ったり。そういった表情や態度、ため息などが相手に威圧感や精神的苦痛を与えると総合的に判断できれば、フキハラになります。たとえば大きなため息が明らかに特定の相手に向けられている場合などは、単発でもフキハラが成立します」

■パワハラ対策による二次的なものとして

 フキハラの相談件数はここ数年で増加傾向にある。なぜか。村嵜さんは理由の一つとして2020年から施行されたパワハラ防止法があると見る。

続きはYahooニュース AERA
2024-07-04 8:32
https://news.yahoo.co.jp/articles/94cd7a66c299dc6bc0ce0a5091d4e6d8690c7fa1

続きを読む

続きを見る(外部サイト)

ニュースカテゴリの最新記事