【驚愕】大谷翔平、2試合連続25号本塁打で圧巻のパフォーマンス‼

【驚愕】大谷翔平、2試合連続25号本塁打で圧巻のパフォーマンス‼

【驚愕】大谷翔平、2試合連続25号本塁打で圧巻のパフォーマンス‼

大谷翔平のサムネイル
大谷徹とバドミントン選手の母・加代子との間に二男として出生。兄はトヨタ自動車東日本硬式野球部所属の大谷龍太。さらに姉が一人いる。 地元・奥州平泉にゆかりある源義経の八艘飛び(はっそうとび)のイメージから「」と平泉の「」を合わせて父・徹が「翔平」と命名。…
357キロバイト (50,316 語) – 2024年6月27日 (木) 15:08

(出典 news.yahoo.co.jp)
大谷翔平のホームランが止まらない!驚異のペースでヒットを量産し続ける彼のプレーにはただただ驚くばかりです。

1 フォーエバー ★ :2024/06/27(木) 09:17:21.44 ID:+xmV0Rh99

6/27(木) 9:11配信

(出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)
?pri=l&w=640&h=360&exp=10800
TBS NEWS DIG Powered by JNN
ドジャース・大谷翔平選手

■MLB ホワイトソックスードジャース(日本時間27日、イリノイ州シカゴ、ギャランティード・レート・フィールド)

ドジャースの大谷翔平(29)が27日(日本時間)、敵地でのホワイトソックス戦で「1番・DH」で先発出場し、1回の第1打席にホワイトソックス先発、E.フェッディ(31)からメジャー通算9度目の先頭打者アーチ。2試合連続の25号本塁打を放った。連続試合打点は日本選手最長、球団新記録となる「10」に伸ばした。本塁打王争いでリーグ単独トップに立つ大谷は、2位のブレー*・M.オズーナ(33)と4本差に。

ホワイトソックスの先発はフェッディ、昨季は韓国リーグで投手三冠(最多勝、最優秀防御率、奪三振)を獲得、リーグMVPにも輝いた。大谷とは2022年に対戦があり、2打数無安打。

1回の第1打席、甘く入ってきたボールを逃さず、完璧に捉えると打球は軽々とスタンドへ。メジャー通算9度目の2試合連続となる先頭打者アーチ、キング独走の25号ホームランを放った。そして、今季100安打をマークした。

直近9試合では34打数15安打で打率.441、7本塁打、16打点と絶好調をキープしている。チーム82試合目での25号はシーズン49.3本ペース。6月を得意とする大谷は今月11本目で、直近10戦で8発と量産態勢に。節目の記録としては日米通算250号まで残り6本、メジャー通算200号まで残り4本とした。

https://news.yahoo.co.jp/articles/9331e3cad84771461864165ec5ec3a5d4d477ff9

続きを読む

続きを見る(外部サイト)

ニュースカテゴリの最新記事