【社会】北海道で時速120キロの白バイ警官が死亡、運転手側は無罪主張

【社会】北海道で時速120キロの白バイ警官が死亡、運転手側は無罪主張

【社会】北海道で時速120キロの白バイ警官が死亡、運転手側は無罪主張

白バイ(しろバイ)とは、警察が主に交通取締業務に必要な各種装備を取り付けた白塗りのオートバイの日本での呼称である。英語圏では単にPolice motorcycle(警察のオートバイ)と呼ばれる。 日本の警察のオートバイ(Police motorcycle)の中でも、専門の訓練を受けた白バイ
24キロバイト (3,528 語) – 2024年5月15日 (水) 21:30

(出典 iinee-news.com)
120キロは本当に速いスピードだし、普段からそんなスピードで走っているのか不思議に思う。運転手も十分に反省して、今後は気をつけて運転してほしい。

1 ぐれ ★ :2024/06/23(日) 05:43:55.87 ID:SwJnM7cX9

※6/20(木) 15:32配信
HBCニュース北海道

 2021年9月、北海道苫小牧市の交差点で、白バイと衝突し、警察官を死亡させた罪に問われている大型トラックの運転手の裁判…20日午後、検察は禁錮1年2か月を求刑し、結審しました。判決は、8月29日に言い渡されます。

 起訴状などによりますと、砂川市の無職、谷口訓(さとし)被告56歳は、2021年9月13日、苫小牧市柏原の道道の信号機のない丁字路交差点で、運転していた大型トラックで右折しようとした際、反対車線を直進してきた白バイと衝突…白バイに乗っていた男性警察官(当時32歳)を死亡させた過失運転致*罪に問われています。

 この事故をめぐり、検察は、おととし3月、谷口被告を不起訴処分としましたが、検察審査会への申し立てを受けて再捜査した結果、去年5月8日付けで在宅起訴していました。

 これまでの公判で弁護人、被告側は「時速120キロという高速のバイクの接近を予見し、回避することは不可能、被告に過失はない」と無罪を主張。

 これに対し検察は「当時、白バイは警ら中で、赤色灯を点灯させながら118キロで走行していたが、トラックを見つけて88キロまで減速した。トラックは、右折先の反対車線に停止していた車両の内側を進行しようとして安全確認を怠り、事故が起きた」と指摘していました。

 その後、北海道警察が事故防止に向けて、白バイに「最高速度は100キロ」とするよう通達していたことも判明。

 検察は、白バイの速度118キロについて、警ら中であり、法律上は問題ないとしているものの、通達を20キロも超える速度で走行するほどの緊急性が白バイにあったのかなどは、説明していません。

 また、これまでの公判では、事故当時、右から白バイ、左からトラックが走行してくるのが見える位置で一時停止、トラック側の車線に右折で合流しようとしていた男性の証人尋問、谷口被告への被告人質問などが行われ、それぞれ下記のように証言しています。

■事故現場に乗用車で居合わせた男性の証言

続きは↓
https://news.yahoo.co.jp/articles/3ac08e74bbf11658bcbef74950787e9c8b5479ce

続きを読む

続きを見る(外部サイト)

ニュースカテゴリの最新記事