【実は?】西村知美さんの「あるドラマ」に今ではイメージができない人が続出する事態に

NO IMAGE

【実は?】西村知美さんの「あるドラマ」に今ではイメージができない人が続出する事態に

西村 知美(にしむら ともみ、1970年12月17日 – )は日本の女優・タレント。また、芸能界屈指の「資格マニア」としても知られている。本名:西尾 知美(にしお ともみ、旧姓:西村)。身長153センチメートル、血液型はO型。夫は元タレントの西尾拓美。山口県宇部市出身。堀越高等学校卒業。キャッチコ…
45キロバイト (5,381 語) – 2024年5月22日 (水) 11:11

(出典 www.fracora.com)
バラエティーのイメージが強いですね~

1 湛然 ★ :2024/05/26(日) 06:22:48.69 ID:IK8LUUxM9.net

西村知美「事務所NGなので…」 『星の金貨』竹野内豊とのキスシーンが未遂に終わって後悔
5/26(日) 6:00 女性自身
https://news.yahoo.co.jp/articles/8287d888d1964b769e389c8033e62ef411328c02

「打ち上げでスタッフからいただいたNG集のビデオは今でも見返すことがあるし、金粉が入ったドラマ特製のワインも飲まずに保管しているほど、『星の金貨』は思い入れの強いドラマ。主演の酒井法子ちゃんとは同じ年、高校でも同じクラスだったこともあって、法ちゃんの親友役に抜擢されたのだと思います」

こう語るのは、西村知美さん(53歳)。主人公には聴覚障がいがあるため、演技に手話が取り入れられた。

「私のファンに耳が不自由な方がいらっしゃって、ドラマに出演する前から、黒柳徹子さんが設立したトット基金が運営している手話教室に通っていたんです。ドラマが決まってからは、法ちゃんも一緒に通いました。手話では私が先輩でしたが、ドラマでは私が手話を勉強するという設定。ぎこちなく手話をするのに苦労しました(笑)」(※中略)

当作品は、モデル出身の竹野内豊と大沢たかおが、俳優としてブレイクするきっかけにもなった。

「もっともインパクトが残っているのが、大沢さんと法ちゃんの別れのシーンです。ドラマ撮影も終わりが見えてきたときですから、気持ちが入ってしまったんでしょうね。大沢さんが本番で号泣してしまって。スタッフから『そこまで泣かなくていいので、もうちょっと抑えてください』って注意されたほど。でも、オンエアでは号泣シーンがそのまま使われていました」

竹野内とはキスシーンにも挑戦していたが――。

「私の事務所が水着やキスシーンがNGだったから、あれは“ふり”なんです。その後の竹野内さんの活躍を見て“OKしておけばよかった”と後悔しました(笑)」

とはいうものの、最終話では運命的なキャスティングもあった。

「竹野内さんへの想いを断ち切り、他の人と結婚するストーリーだったのですが、その相手を演じたのが、元アイドルグループの夫。当時は友達関係でしたが、ドラマから1年後、本当に結婚することに。だからこそ、『星の金貨』は私にとって思い出に残る作品なんです」

(※以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)

続きを読む

続きを見る

オールジャンルカテゴリの最新記事