【驚愕】渡部建が明かす謝罪会見の裏話とは?揉み消し計画が失敗に終わった理由は?

【驚愕】渡部建が明かす謝罪会見の裏話とは?揉み消し計画が失敗に終わった理由は?

【驚愕】渡部建が明かす謝罪会見の裏話とは?揉み消し計画が失敗に終わった理由は?

画像提供依頼:顔写真の画像提供をお願いします。(2022年2月) 渡部 (わたべ けん、1972年〈昭和47年〉9月23日 – )は、日本のお笑いタレント、司会者、セミナー講師。お笑いコンビ「アンジャッシュ」のツッコミ、ボケ担当。相方は児嶋一哉。 東京都八王子市出身(府中市生まれ)。プロダクション人力舎所属。妻は女優の佐々木希。…
37キロバイト (4,695 語) – 2024年6月12日 (水) 10:49

(出典 www.zakzak.co.jp)
この行為は許しがたいものだと思います。揉み消そうとしたこともさらに信じがたいですね。

1 muffin ★ :2024/06/13(木) 17:24:14.59 ID:+FN7JmXs9

https://sirabee.com/2024/06/13/20163299642/
2024/06/13 14:30

お笑いコンビ・アンジャッシュの渡部建が12日深夜、ラジオ番組『佐久間宣行のオールナイトニッポン0(ZERO)』(ニッポン放送)に出演。謝罪会見の裏話を披露した。

2020年6月に多目的トイレでの不倫が発覚し、芸能活動を自粛した渡部。大晦日の『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!』(日本テレビ系)で復帰するのではと報じられる中、12月3日に急きょ謝罪会見を行った。しかし、明言できない事柄が多すぎてグダグダに。

この会見、じつは「ノープラン」だったと渡部は告白する。「『明日(会見を行う)』って言われて、『え? 明日やるんですか急に?』って。『あれやこれは言わずにやれよ』ってことになって。墓まで持ってくような話もあって。そのまま行っちゃった」と説明した。

さらに「今だから言えるんですけど…」と、騒動後すぐに会見を開きたいと提案していたと語る。

「『すぐ開かなきゃダメだろう』って言ったんですけど。まあ色んなことがあって『今やるべきではない』って。これも、色んなことがありまして。じゃあ復帰のときにやろうと」。

結局、渡部が復帰したのは2022年2月。パーソナリティーの佐久間宣行氏から「あれ(会見)で復帰が明確に遅れた?」と問われると「そうですね。色んな手順を間違えた。『このタイミングじゃなかった』とか色んなこと考えた」と苦笑した。

また、不倫を報じた週刊文春の記事について、渡部は揉み消そうとしていた明*。

「部数はもちろんなんですけど。その記事を、ワイドショーとか他の媒体が借りるときの使用料とか、ネット上のクリック数とか。いろんなマネタイズの方法がある。それをとある方が試算したら、4億ぐらいの売り上げだったっていう」「数百万円で揉み消そうとして。当時、4億なんて分からないから。いけないかなって思ったんですけど、甘かったですね」と正直に話した。

続きを読む

続きを見る(外部サイト)

ニュースカテゴリの最新記事