【もしそうなら?】GLAY・HISASHIさんの「ある依頼」に望みが薄いと感じる事態に

【もしそうなら?】GLAY・HISASHIさんの「ある依頼」に望みが薄いと感じる事態に

【もしそうなら?】GLAY・HISASHIさんの「ある依頼」に望みが薄いと感じる事態に

HISASHIのサムネイル
HISASHI(ヒサシ、1972年2月2日 – )は、日本のミュージシャン。ロックバンド・GLAYのギタリスト。本名は外村 尚(とのむら ひさし)。愛称はトノ。血液型はO型。身長168cm。体重53kg。既婚。 青森県弘前市出身で、1981年以降は北海道函館市で育つ。函館市立日吉が丘小学校、函館市…
53キロバイト (5,636 語) – 2024年4月16日 (火) 12:40

(出典 qjweb.jp)
大騒ぎですよね~

1 朝一から閉店までφ ★ :2024/05/21(火) 12:31:21.38 ID:B+2kj+7p9.net

 
2024-05-21 07:00ORICON NEWS

 ロックバンド・GLAYのギタリスト・HISASHIが、21日放送のテレ東バラエティー『開運!なんでも鑑定団』(毎週火曜 後8:54)に依頼人として出演する。HISASHIは、教科書にも登場する仏師「運慶」の仏像を、スタジオに持ち込む。

 司会の今田耕司と菅井友香が布をめくってお宝が登場すると、HISASHIは「さっき再確認したんですけど、運慶というサインが…」と明かし、教科書にも登場する有名仏師「運慶」の仏像であることを伝えると、
福澤朗が「マジっすか!?東大寺のナントカ力士像を作った人ですよね!」と仰天。今田と菅井が仏像を確認すると確かに「運慶」名が彫り込まれており、今田は「うわっ…俺でも知ってる!」と叫び、スタジオは騒然となる。

 HISASHIが疎遠になっていた父方の親せきと連絡を取りたいと思い、SNSで検索したところ見事につながり、「そういえば、こういう仏像覚えてる?」と今回のお宝の話になった、とのこと。

 HISASHIは「実はウチ(の家系は)、近江商人から始まっていて、そこから北海道に来て、その道中で入手された」と仏像の入手経緯を明かし、お宝と出会い番組に持ち込んだことがきっかけで「自分のルーツを知ることができたんですよ」と語る。
運慶といえば、奈良・東大寺の国宝・金剛力士像などが代表作で、もし本物であれば博物館級のお宝だが、はたして鑑定は。

 さらに番組には、豊臣秀吉に人生を翻ろうされた秀吉の甥(おい)・豊臣秀次のお宝や、1970年代に放送され、子どもたちが熱狂した「幻の変身ヒーロー」の超貴重お宝も登場!
そして、昨年に番組で鑑定した「鑑定額1000万円のギター」や「1本400万円の鑑定額となったワイン」、江戸時代の「妖怪絵巻」など、放送で話題となった名品珍品のその後を大追する。

■番組プロデューサーコメント
https://www.oricon.co.jp/news/2327855/full/

続きを読む

続きを見る

オールジャンルカテゴリの最新記事