【注目】十二指腸閉塞を見逃した研修医、名古屋で16歳男子高校生が死亡する悲劇とは?

【注目】十二指腸閉塞を見逃した研修医、名古屋で16歳男子高校生が死亡する悲劇とは?

【注目】十二指腸閉塞を見逃した研修医、名古屋で16歳男子高校生が死亡する悲劇とは?

医療過誤(いりょうかご、英語: Medical malpractice)とは、医療における過誤によって患者に被害が発生すること。業務過誤の一種。医療ミスともいう。 日本の厚生労働省リスクマネージメントスタンダードマニュアル作成委員会「リスクマネージメントマニュアル作成指針」によると、医療
6キロバイト (869 語) – 2024年5月17日 (金) 10:57

(出典 sho-wan.com)
16歳の若い命が失われたことに心を痛める。医師の判断が迅速でなかったことが悲劇を招いたのだろう。きちんと診断を行い、患者さんの命を守るべきだ。

1 Ikhtiandr ★ :2024/06/17(月) 18:40:43.09 ID:k1qPxCes9 BE:456446275-2BP(1000)

sssp://img.5ch.net/ico/anime_morara01.gif
 名古屋市昭和区の八事日赤病院で医療ミスがあり、16歳の男子高校生が死亡したことがわかりました。

 八事日赤病院は6月17日、十二指腸閉塞で腹痛などを訴え、23年5月に搬送された当時16歳の男子高校生が死亡する医療ミスがあったと明らかにしました。

 当初対応した研修医は、急性胃腸炎と誤診して高校生を帰宅させていて、病院は適切な治療をすれば救命できたとしています。

 公表された事故調査委員会の報告書では、研修医から経験のある医師への相談がされなかったことなどが問題と指摘されていて、病院は今後、遺族と和解に向けて話し合うとしています。

Livedoorニュース/東海テレビ 2024年6月17日 17時29分
https://news.livedoor.com/lite/article_detail/26617218/

続きを読む

続きを見る(外部サイト)

ニュースカテゴリの最新記事