【まさか?】浅野温子さんの「ある過去」に驚きを隠せない事態に

【まさか?】浅野温子さんの「ある過去」に驚きを隠せない事態に

【まさか?】浅野温子さんの「ある過去」に驚きを隠せない事態に

浅野 温子(あさの あつこ、1961年〈昭和36年〉3月4日 – )は、日本の女優。東京都大田区出身。生島企画室所属。 東京都大田区蒲田の蕎麦屋の1男1女の長女として生まれた。大田区立大森第八中学校から東京都立城南高等学校(現:六本木高等学校)、代々木高等学校(現:世田谷泉高等学校)を経て、上野高等学校卒業。…
34キロバイト (4,446 語) – 2024年5月23日 (木) 23:25

(出典 yakudatsuzou.com)
これは知らなかったですね~

1 湛然 ★ :2024/05/18(土) 06:09:19.15 ID:SbF35EnD9.net

浅野温子「結婚と出産を選んだ時、大半から反対されました」
5/17(金) 7:03 現代ビジネス(※抜粋)
https://news.yahoo.co.jp/articles/5c54232243f5a6334995137120275af4b2f4ed07?page=1
撮影/森清

(出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)

■絶頂期の結婚・出産は「自然な流れ」

 浅野さんの半世紀近い女優のキャリアを振り返ると、超多忙だった80~90年代には、すでに結婚・出産を経験していることに驚かされる。筆者も50代で子育て中だが、周りを見ると、ワンオペ育児が大変だとか、逆に家族に助けられて仕事を続けているというケースもあれば、結婚や出産を諦めた先輩や友人も少なくない。

 「子どもいるの? 大変だね」と、浅野さんはねぎらいの言葉を口にして続けた。

 「当時は、賛否両論があって。現場や記者の人たち、マスコミは、なんで女優なのに結婚したんだ、出産するんだっていう意見と、女優なのに子どもも産みたいってすごいですねっていう意見と、半分半分でした。正直言ってしまうと、現場は結婚とか出産とか、女優はするんじゃないよっていう反対意見のほうが多かったですね」

 人気絶頂のスターが結婚し、出産することは、「やりたいことを諦めなくていい」というメッセージになる。結婚・出産を選択し、息長く仕事を続けている浅野さんのような存在が、結婚や出産、そして子育てと仕事との両立に揺れる世代にとっては、希望そのものだ。

 「(結婚や出産は)自然な流れですね。この映画も流れですよ。目の前のいろいろなことを、必死にやってきたら、自然に繋がって、今があるということです」

続きを読む

続きを見る

オールジャンルカテゴリの最新記事