【芸能】堺雅人が事務所から去って…芸能界のドン・田邊社長が可愛がる若手女優の名前

【芸能】堺雅人が事務所から去って…芸能界のドン・田邊社長が可愛がる若手女優の名前

【芸能】堺雅人が事務所から去って…芸能界のドン・田邊社長が可愛がる若手女優の名前

1 Ailuropoda melanoleuca ★ :2023/01/23(月) 13:16:39.44ID:DFat4+2C9

1/23(月) 11:02配信

“ポスト堺雅人”は意外にも19歳の若手女優──テレビ業界で飯沼愛に注目が集まっているという。振り返れば1月10日、デイリー新潮は「堺雅人の事務所独立騒動、“芸能界のドン”田邊昭知社長が激白 『もう一緒に仕事なんてできないよ』」の記事を配信した。担当記者が言う。

 ***

「堺雅人さん(49)は大手芸能事務所『田辺エージェンシー』に20年以上も所属していました。ところが昨年末に突然、退社して独立したのです。情報をキャッチした週刊新潮が同社の田邊昭知社長(84)に取材を依頼すると、『もう一緒に仕事なんてできないよ』と突き放した反応でした」

 言葉の端々には怒りが感じられ、とてもではないが“円満退社”という雰囲気ではなかったという。

 実際、デイリー新潮の報道後、一部の芸能マスコミは「田辺社長と堺さんの間に何らかの確執があったのでは」と報じた。

 いずれにしても、田辺エージェンシーが「独立後の堺雅人とは無関係」という姿勢を明確にしたことは間違いない。ドラマの製作スタッフが言う。

「今、田辺さんが最も力を入れている女優さんが、飯沼愛さんです。『あんなに田辺さんが目をかけているのも珍しい』と業界で評判になっています。もともと彼女は、田辺エージェンシー、TBSテレビ、秋元康さん(64)による公開オーディション番組『TBSスター育成プロジェクト 私が女優になる日_』で、2021年に初代グランプリに輝きました。その後、順調にドラマの出演本数を増やしています」(同・記者)

視聴者も好感

 2021年10月期に深夜帯で放送された「この初恋はフィクションです」(TBS系列)で、飯沼はドラマデビューにして初主演を果たした。

 翌22年7月期、同じく深夜帯の「パパとムスメの7日間」(同)でも主演。

 さらに、同年10月期の日曜劇場「アトムの童」(同)で、初めてゴールデンタイムのドラマに出演した。

 視聴者も好演と評価し、Twitterでは《今後が楽しみ》、《めちゃめちゃ可愛かったし演技も上手くなっていて本当にすごかった》といった投稿が相次いだ。

「新人ですから、もちろん演技力はまだまだです。とはいえ、ルックスは文句なし。それだけで視聴者の心を掴めます。TBSのオーディションでデビューしたので、当分は同局専属といった扱いになるでしょうし、次の日曜劇場にも出演するとの話もあります。順調にドラマ出演を重ね、女優として実力をつけたら、満を持して他局のドラマに出演というのが今後の流れです」(同・スタッフ)

 田辺社長は、会社のトップでありながらも、惚れ込んだタレントのマネージメントは自らが引き受けることで知られている。

燃える田辺社長

 近年では、元フリーアナウンサーの夏目三久氏(38)に力を入れていたのが有名だ。

「芸能界のドンとも呼ばれる田辺さんは、夏目さんが総合司会を務めた朝の情報番組『あさチャン!』(TBS系列・2005~14年)の生放送にさえ立ち会い、ずっとスタジオで見守っていました。それと同じくらいの情熱を、飯沼さんに注いでいるように思えます。そもそも田辺さんが『私が女優になる日』に参画したのは、会社の屋台骨となる女優を見つけるためでしょう。田辺さんも、もう84歳です。引退する前に次世代のスターを育てたいと燃えているに違いありません」(同・スタッフ)
th (1)

デイリー新潮編集部
https://news.yahoo.co.jp/articles/8b859bb600e32e04ce9320172fbf19db51e71c3a

続きを読む

続きを見る(外部サイト)

芸能カテゴリの最新記事